2017年6月14日(水)開院。
長野県大町市の整形外科クリニックなら「最上整形外科クリニック」へ。

お問い合わせはこちら

0261-23-3300

院長紹介

DOCTOR

平成29年6月14日(水)、長野県大町市常盤に整形外科クリニックを開院いたしました。

安曇野の地では、豊科赤十字病院(現安曇野赤十字病院)で5年半、北アルプス医療センターあづみ病院(整形外科統括部長)で15年半、整形外科一般、特に脊椎疾患中心に診療にあたってまいりました。

日ごろの診療で大切に考えていることは患者様に満足していただける診療です。そのためにはまず患者様の話をよく聞き、専門的な診察で何が一番の問題かを把握し、その裏付けのためレントゲン一般撮影、超音波など画像的な補助検査を行い(MRI,CTはしばらくは近隣病院に依頼して行う予定です)、正確な診断をつけ個々の患者様に適した治療を提案していくことが大切と考えています。そして診断結果と治療方針を丁寧に説明します。

私が専門としている肩こり・腰痛などの脊椎疾患で悩んでいる方々は原因不明とされることも多く、様々な医療機関、民間療法を転々とし、なかなか良くならない方も少なくありません。また25年以上にわたり病院整形外科勤務医としてたくさんの手術にたずさわり、その経験から手術治療の有効性は十分に把握しておりますが、満足いくような手術が行われてもすべての症状が完全に消失するわけではなく、項部痛、腰痛、上下肢のしびれなどは残存することも多いことを経験してきました。

一方手術ではなく内服、各種ブロック治療、エコー下筋膜リリース、リハビリテーションなどの保存治療で改善する病気も多く、近年痛みに対する内服薬は、従来の消炎鎮痛剤だけでなく、様々な有効な薬が開発され使用されるようになり、保存的治療がますます有効であり重要であると感じています。

また、高齢化社会を迎え、寝たきりにならず元気で長生きできるために、骨粗鬆症の予防・治療、また筋力が落ちないように維持するリハビリテーションも大切です。

長年の経験をもとに痛み、しびれなどで悩んでいる患者様に的確な診断・治療を行い少しでも安心して生活ができるようサポートできたらうれしいと考えております。また手術が必要な患者様についても、私が責任を持ってご相談、適切な施設をご紹介していく所存です。

近燐・遠方を問わず、さらには専門分野のみならずどんなことでも気軽に相談できる身近なクリニックを目指し、スタッフともども精一杯努力していきます。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

院長 最上 祐二

経歴

昭和56年
長野県立須坂高校卒
昭和57年
東京理科大学理学部数学科 入学
昭和58年
国立富山医療薬科大学医学部医学科 入学
平成2年
国立富山医療薬科大学医学部医学科卒
平成2年
信州大学整形外科学 医局 就職
平成3年
諏訪赤十字病院 就職
平成4年
県立木曽病院 就職
平成5年
豊科赤十字病院 就職
平成7年
国立城山病院 就職
平成10年
豊科赤十字病院 就職
平成14年
厚生連安曇総合病院
(現 北アルプス医療センター あづみ病院) 赴任
平成29年6月
北アルプス医療センター あづみ病院(整形外科統括部長) 退職
平成29年6月14日
最上整形外科クリニック開院

所在地

〒398-0004
長野県大町市常盤5897-48

マップを見る

診療時間

受付時間
午前8:45〜12:00 /
午後2:45〜6:00 / / /

※保険証と、お薬手帳をお持ちの患者さんは持参してください。

※当院は予約制ではありません。受付順での診療となります。

休診日

水曜・土曜の午後、日曜・祝祭日

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

0261-23-3300